実務者研修でキャリアアップ

HOME > 実務者研修でキャリアアップ

実務者研修とは?

キャリアアップの図

平成28年度(平成29年1月実施予定)から、介護福祉士国家試験には「実務者研修」の修了が必須となります。

介護職員の質の向上とキャリアアップをめざし、より実践的な知識と技術の習得を目的として平成24年より創設された講座です。介護職員として必要な介護過程の展開や認知症等について学べ、介護の専門家として生涯の生業となるようなスキルの向上が可能となります。

平成25年度より介護職員基礎研修及びホームヘルパー1級は「実務者研修」へ一本化され、新しいキャリアパスでは平成28年度(平成29年1月)の介護福祉士国家試験から、受験資格として実務経験3年に加えて、実務者研修の修了が義務づけられます。

実務者研修を取得するメリット

サービス提供責任者になれる

訪問介護事業所で必ず配置される「サービス提供責任者」になるためには、実務者研修の修了か介護福祉士の資格が必要となります。 ※平成25年4月より「ホームヘルパー2級を修了し3年以上の実務経験を経てサービス提供責任者」として認定された方は、訪問介護事業所に配置しても介護報酬(介護事務所の売上)から10%もの減額があるため、実務者研修の修了者は現場からの引き合いも高いといえます。

たん吸引と経管栄養が学べる

「たん吸引」や「経管栄養」の処置は原則、医師・看護師のみが認められていましたが、現在は、実務者研修を修了し、お勤め先等の指定事業所内での実地研修を受けることにより、介護職員の方も処置ができるようになりました。

受講対象者

受講資格は特にありませんが、お持ちの資格によって受講免除科目が異なります。

お電話でのご相談・お問い合わせ:フリーダイヤル 0120-16-8351 【受付時間】9:00~18:00(土日祝も対応)

メインコンテンツに戻る